会社沿革

会社沿革

  • 1939
    先々代社長山田駒吉個人にて工作機械工場を設立、円筒研磨盤の制作開始
  • 1943
    海軍指定工場に指名され精密工作機械製作に従事、終戦により一時閉鎖
  • 1952
    山田機械工業株式会社を設立
  • 1958
    精密高速零番竪型フライス盤の製造販売を開始
    「TOM自動紐掛機」の製造販売を開始
  • 1961
    優良中小企業として東京通産局長より表彰される
    精密高速1/2番竪型フライス盤の製造販売を開始
  • 1963
    自動紐掛機の需要の増大に伴い、全国にTOM販売代理店・サービス網を組織
  • 1964
    東京中小企業投資育成株式会社の資本参加を受ける
  • 1965
    特殊機専門工場として千葉工場を新設
    輸出貢献企業として通産大臣より表彰される
    系列会社千葉塗装株式会社を設立、焼付塗装工場として操業開始
  • 1971
    資本金7,500万円とする(東京中小企業投資育成株式会社より再投資)
  • 1972
    再度中小企業合理化モデル工場に指定される
    TOM自動紐掛機生産累計20,000台に達する
  • 1981
    OT型書籍包装機を開発
  • 1987
    千葉工場を佐倉第三工業団地に移転
  • 1990
    TOM自動紐掛機生産累計70,000台に達する
  • 1995
    本社を佐倉市に移転
    資本金1億円とする
  • 1996
    佐倉市に加工工場が完成し、船橋工場から移転、名称を本社工場とする
  • 1997
    YTC型段ボール用自動結束装置を開発
  • 1999
    品質保証国際規格 IS09001認証取得
  • 2005
    (段ボール用自動結束装置) YTC型くい込み防止装置を発表
  • 2008
    YTC150-H型高速段ボール用自動結束装置(RAPID ONE)を発表
    パレット梱包ラインを発表
  • 2010
    スターメンテナンス株式会社を吸収合併
    西部営業部を兵庫県三田市に移転
  • 2011
    スターメンテナンス事業部東京営業所を佐倉市(本社・工場)に移転
  • 2013
    YTC150-H2型高速段ボール用自動結束装置(RAPID ONEシリーズ)を発表
  • 2014
    次世代法の「2014年くるみんマーク認定事業主」となる
    TOM自動紐掛機生産累計100,000台達成
  • 2018
    TOM ベトナム社(TOM VIETNAM CO., LTD.)設立
  • 2020
    株式会社日神合研を吸収合併、名称を江戸川工場とする
ページの先頭へ戻る